SG 第51回 ボートレースオールスター 展望

SG 第51回 ボートレースオールスター 展望

5月21日(火)よりボートレース多摩川にて「SG 第51回 ボートレースオールスター」が開幕します。

投票にて選ばれた全国各地を代表するA1級トップレーサーが集うSGの中でも特に人気の大会。

最終日の5月26日(日)は同じ府中市にて競馬の祭典である日本ダービーも開催されます。

LINE友達登録で利用スタート

ボート初心者にもおススメ! ZONE

⇩365日毎日無料で予想を公開!⇩

▼無料登録手順▼
① LINE友達登録
② 届いたメッセージをタップ

AI予想で高配当をお届け! GALAXY

⇩こちらからの登録で最大10万円分のポイントを贈呈⇩

▼無料登録手順▼
① LINE友達登録
② 届いたメッセージをタップ

 

大会 概要

開催日:05/21(火)~05/26(日)
開催地:ボートレース多摩川
グレード:SG
優勝賞金:3,900万円

 

今節 最注目選手

菊地孝平(3960)

支部 勝率 ST
静岡 7.58 0.10

4月に児島(児島キングカップ)、鳴門(マスターズチャンピオン)で2節連続のG1優勝と絶好調のスタート巧者。多摩川で2009年、2020年にG1を2回優勝しており通算で24回の斡旋の内15回で優勝戦に進出をしています。

2022年に2節連続のSG優勝戦1号艇に選出されながら連続で敗退したことから迷走状態となり支部のエースの座も深谷知博へ変わって行くか?と思われたところから完全復活。

支部をけん引するマスターズ1年生が2016年以来のSG制覇を狙います。

 

➡全出場選手一覧はコチラ(オフィシャルサイト)

 

注目レース予想

初日(05/21)12R ドリーム戦

枠番 名前 支部
1 峰   竜太 佐賀
2 池田  浩二 愛知
3 毒島   誠 群馬
4 西山  貴浩 福岡
5 馬場  貴也 滋賀
6 桐生  順平 埼玉

 

コメント

まだモーターとプロペラの良し悪しははっきりしないが現状で2連対率51.8%のモーターが多摩川で強い③毒島に渡ったのはまさしく鬼に金棒。①峰と②池田を相手にピット離れで飛んでコースを奪うということはないだろうが④西山より外の攻めを完全にブロック。

①峰は前期はフライングの影響でイン戦でポカを起こす場面が何度か見られたがその枷も外れた以上は牙城を崩すのは至難の業。②池田の差しと③毒島の捲り差しの両面をケアすれば逃げ切って順当決着が基本線。

買い目はコチラ⇒タップ

グレードレースはここを使ってれば間違いなし!→無料予想はこちらをタップ

初日予想

最終日(05/26)12R 優勝戦

枠番 名前 支部
1 定松  勇樹 佐賀
2 宮地  元輝 佐賀
3 馬場  貴也 滋賀
4 森高  一真 香川
5 瓜生  正義 福岡
6 毒島   誠 群馬

コメント

着実に世代交代の波が進んでいるボートレース業界だがその時計が一気に進むかどうかが試される①定松のイン戦。昨年の同レースでSGデビューを果たしこれがSG3節目、記念レース優勝経験も無い選手だが数多くの弟子を抱える峰竜太が「最後の弟子」として採用をした天才レーサーで準優勝戦では師匠顔負けの絶品の旋回で先輩レーサーを完封。

デビュー当初からスタートセンスが抜群な選手なので①定松が重圧で立ち遅れるようなことがあれば話は別だが前日く(ST 0.12)で行ければ後はターンマークを確実に回るのみ。

かつて地元の記念レースで滅茶苦茶な前付けをしてフライングでレースを台無しにした挙句にレース後に佐賀支部の先輩レーサー達から焼きを入れられた過去がある②宮地は①定松への他者への攻めをブロックするべくまずスタートで遅れないことが最優先ミッションでありそこから無茶なじか捲りは狙わず差しに構えて向正面の直線勝負へ。

③馬場は気配劣性も3コースから捲り差し一本。④森高は③馬場が不調なだけに伸びに調整を寄せての一撃仕様へ。⑤瓜生、⑥毒島は展開を上手く捕らえたい。

買い目はコチラ⇒タップ

LINE友達登録で全国各地での注目レースの厳選情報を公開→まずはこちらから

最終日予想

 

【PR】ハイレベルなAI予想 GALAXY


無料実績

【05/16(月)】



レース数 児島7R
結果 2-1-3
倍率 40.1倍
払戻 40,100円

⇒LINE友達登録

有料実績

【05/20(月)】



レース数 浜名湖7R
結果 5-3-4
倍率 139.8倍
払戻 139,800円

登録方法

① LINE友達登録。
② 届いたメッセージをタップで登録完了!
③届いたLINEを開く。

⇩こちらからの登録で最大10万円分のポイントを贈呈⇩

 

 

注目モーター

ボートレース多摩川は2024年4月14日より現在のモーターの使用がスタート。

SGまでに6節間を消化予定も全て一般戦のため節間中に機力評価は大きく変わることが推測されます。

最注目 40号機

2連対率 優勝回数 使用者
52.0% 1 平山  智加

初降ろしの節間で東京支部の渡邉雄朗が多摩川で初めて優勝を決めた際のモーター。

モーターの調整が禁止されている節間ということでプロペラの調整に専念したところ直線の伸びが強化されました。

続く節間では同じく東京支部の永井彪也が使用して優勝戦に進出。このレースでは6コースから3着と好走をしました。

前検情報

現在G1、G2への斡旋が停止している菅が6.60秒の1番時計をマーク。ただしこの選手の時計が良いのはいつものことであり恐らくチルトも跳ねているので参考外で良いでしょう。

田頭実、原田幸哉ら2番時計である6.67秒をマークした選手が5名おりそれ以降についても僅差で続いておりモーター交換が行われたばかりの多摩川でのSG第2ラウンドはここからの調整の勝負であることを予感させた。

全モーターはこちら

 

ビックレースに強いおすすめサイト(無料)

1位ギャラクシー
的中:★ 5.0

安全:★ 5.0

回収:★ 5.0

推奨:★ 5.0

登録
2位ZONE
的中率:★5.0

安全面:★ 5.0

回収率:★5.0

推奨度:★ 5.0

登録
ストロング
的中:★ 5.0

安全:★ 5.0

回収:★ 5.0

推奨:★ 5.0

登録

 


限定予想・記事の更新・耳寄り情報などを無料で配信

 

当サイトの予想について

当ページのボートレース予想は的中を約束するものではございません。

舟券の購入は自己責任となることをご了承ください。

 

Twitterでフォローしよう