「競艇レース回顧・鳴門」SG第25回オーシャンカップ-優勝戦結果

ボートレース鳴門で開催された真夏の祭典「SG第25回オーシャンカップ」はいよいよ最終日を迎えました!

「競艇レース回顧・鳴門」SG第25回オーシャンカップ-優勝戦プレイバック

激戦を勝ち抜いてポールポジションを掴んだのは昨年度覇者の①瓜生正義選手
同大会連覇、更には通算2000勝もかかった一戦となりました。
久々のSG優勝を目論む②山口剛選手に、③茅原悠紀選手。
今シリーズも絶好調の④峰竜太選手。
外枠の⑤枝尾賢選手⑥高野哲史選手はこれがSG初優出。
好メンバーが揃った優勝戦は向かい風4m、波高4㎝の中で行われました。
展示通りに枠なり進入とはなりましたが、本番では③茅原選手がカドに引く形に。
その③茅原選手が.06のトップST!
インの①瓜生選手も0.14とまずまずのST。③茅原選手がダッシュ分ノゾく形になり内を攻める展開に。
それに②山口選手が抵抗して①瓜生選手に攻めかけます。
インの①瓜生選手もすかさず抵抗。先マイが流れる形となり、差してきたのはセンター勢。絶好の展開で③茅原選手が差したかに思われましたが、その内を④峰選手が差し伸ばして2Mを先取。
そこで後続艇を振り切ってVへと一直線。
③茅原選手は惜しくも2番手止まり。
人気を集めた①瓜生選手は2Mで差して浮上を図りましたが、⑤枝尾選手を振り切るのがやっと。
優勝戦は中穴決着となり今シリーズは幕を閉じました!


このあとは今節を振り返っていきます。

 

【PR】競艇スペシャリスト集団による究極の競艇投資術!
皇艇
元選手出身・競艇研究出身・元記者出身・統計データ研究員出身などの競艇スペシャリスト集団からなる『神の領域』とも言える究極情報で最大限の成果を提供しています。競艇予想サイトのダークホース的存在。

無料情報成績
集計期間 02/20~03/20
的中率 36.8%
回収率 51.9%

ピックアップ的中実績
  • 2021/03/24
    白虎

    福岡9R59.6倍

    多摩川10R14.3倍

    最終払戻 283,140円
 

「競艇レース回顧・鳴門」SG第25回オーシャンカップ-今節の振り返り

難水面で知られる当地。初日は逃げの決着が半分となりました。
12Rのドリーム戦では人気の桐生順平選手を、地元の田村隆信選手が差し切り勝ち。
初日から大整備が当たって幸先の良いスタートを切りましたが、3日目にまさかのF。
今節唯一人の地元勢で気合が入っていただけに悔しい結果となりました。


激戦の得点争いとなりましたが、予選トップ通過を果たしたのはディフェンディングチャンピオンの瓜生選手。
山口選手、茅原選手が続く形となり、それぞれ準優勝戦の1枠を獲得しました。
5日目の準優勝戦では①瓜生選手、①山口選手、①茅原選手のそれぞれがしっかり逃げを決めてファイナル進出。
激戦の2着争いとなったのが10R。
一旦は③桐生選手が2番手に付けていましたが、②峰選手が怒濤の追い上げで逆転。
11Rでは④高野選手、12Rからは②枝尾選手が続いて優勝戦のメンバーが決まりました。


今や“艇界最強の男”が今節も見せつけてくれました!
桁違いの調整力で、序盤早々にエンジンを仕上げれば、抜きん出たハンドルワークで見せ場たっぷり。準優勝戦では一旦を4番手を走りながら、執念の逆転劇。
優勝戦ではとっさの判断で二番差しを決めてのVゴール!
今年は早くも11回目、SGは3回目のVを掴みました。
この強さはいつまで続くのでしょうか。
これからも楽しみ一杯です!


🏆ブログランキング参加中🏆
よろしければ、応援クリックのほど宜しくお願いします。
⇒ ブログランキング