「競艇展望・若松」G1ダイヤモンドカップ-事前レース展望や注目モーター紹介

ボートレース若松:G1ダイヤモンドカップ(1/17~1/22)】

ボートレース徳山では明日1月14日から開設66周年記念 G1徳山クラウン争奪戦が行われます。
令和元年を締めくくった徳山で今年のG1・記念戦線がスタート。今年は平和島で行われる賞金王に向けて最初の一歩となります。
SGホルダーの地元選手を筆頭に、年末や正月の地元シリーズを制して乗り込んでくる遠征勢など多彩な顔触れで争われます。今年最初のG1をぜひお楽しみください!

 

「競艇展望・若松」G1ダイヤモンドカップ-注目選手

年末年始と好調モード その勢いで地元制覇か 瓜生正義

3783

先日終了した3Daysバトルトーナメントでは展開一突きの鮮やかな優勝をした瓜生正義選手。
昨年末の賞金王から、芦屋の正月シリーズ、そして優勝した前節と3連続優出中となっています。
昨年の常滑SG制覇から瓜生選手らしい鋭いターンを見せており、今年最初の地元G1でも期待したいところです。

当地で2連続の準優敗退 3度目の正直なるか 篠崎元志

4350

昨年の当地周年、そして正月シリーズと当地は準優2枠となりながら、連続で優出を逃している篠崎元志選手。
今度こそはという気持ちが強いでしょう。
福岡の3場の中でも優出回数こそ一番少ないものの優勝回数が多いのがここ若松の水面で、3回に1回は優勝している計算になります。
優出した際には頭で狙ってみたくなりそうです。

勝負強さで昨年は頂点に 今年も大レースは狙い 石野貴之

4168

昨年末の賞金王では勝負どころでのまくり切り。
決定戦ではインから快速攻を決め賞金王となった石野貴之選手。
G1やSGでの勝負どころでの集中力はピカイチである一方、機力不足であるとあっけなく沈んでしまうというとこもある意味で石野選手らしい部分でもあります。
今年は追われる立場となるだけに、最初のG1からどのような走りを見せてくれるか注目です。

ナイターでG1といったら やはり怖いのはこの男 毒島誠

4238

一昨年はオーシャンカップで優勝、昨年は一般戦であるものの2優出1優勝。
もともとのレースぶりに加えて、ナイターであればさらに実力を発揮してくる毒島誠選手。
当地周年ではここ3大会連続出場と、関東の選手でありながら比較的多く走っている印象もあります。
2年続けて年末は悔しい結果となっただけに、こちらは1年を通して「3度目の正直」となることを想っているかもしれません。

昨年はSGに全て出場と大ブレイク さらなる結果を求めて 馬場貴也

4262

一昨年にチャレンジカップ優勝し、昨年は3月のボートレースクラシックから賞金王決定戦にも出走。
2nd進出とはならなかったものの気持ちを切り替えてF1本を抱えながらシリーズ戦優勝というように、成績としても精神的にもかなりのレベルになってきた馬場貴也選手。
一般戦で主役を張るのはもちろんのこと、昨年の結果を自信に変えてことしはG1やSG戦線でも常に主役となり得る存在として注目したいと思います。

 

【PR】稼げなければ意味がない!「大金を稼ぐ」これこそが競艇の醍醐味!

▲おすすめポイント

競艇で『勝つ』『稼ぐ』ことに特化した正真正銘の競艇予想サイト!
元競艇選手の当事者の目線などジャックポット鉄壁の布陣が最も効率よく稼げる予想を提供してくれます!

 

「競艇展望・若松」G1ダイヤモンドカップ-注目モーター

注目モーター

今節使用されるモーターは昨年11月末に新モーターとなってから2~3節しか稼働していないモーターです。
優出2回のモーターが1機、複数回優勝はありません。
今回は短評という形で6機注目したいモーターを挙げてみたいと思います。

8号機 木下 翔太選手
地元シリーズではそれほど目立たなかったものの2節前の森定選手使用時には2走目からオール3連対で節間8勝と目を引く活躍でした。

 

15号機 毒島  誠選手
3節前に新モーターで大須賀選手が使用。
トップスタート0回ながら4カドまくり2回を含む3勝、2着4本としました。その後2節でもキラリと光る動きがあります。

 

30号機 森定 晃史選手
2節前、渡邊哲也選手使用時が上々の動きを披露。
遅れ気味からでも伸び返す動きを見せて道中は後続を凌ぎ優出2着としていました。

 

32号機 坪井 康晴選手
伸びなどの面は上がいる印象も、3連続で福岡支部のA1選手使用というだけあって、調整面に関しては一番仕上がっている可能性があります。唯一の2優出モーターです。

 

46号機 新田 雄史選手
2節続けて伸びに関してはかなり目を引くモーターです。
2節前では早川尚人選手が伸びを生かしてまくりを連発と印象的でした。
前節は地元の池永太選手が優出2着としています。
舟券的にも、展開予想的にもオススメモーターです。

 

47号機 永井  源選手
こちらも伸びやレース脚に関して注目のモーターです。
2節前の木下大將選手使用時も上位の動きを見せてましたが、前節地元シリーズでは佐賀の宮地元輝選手がオール3連対で優勝。かなりの力強さを感じました。

 

【PR】確固たる実績×経験 圧倒的な情報量×分析力

▲おすすめポイント

競艇予想の『プロ集団』による、確固たる実績と経験。
圧倒的な情報量と分析力で競艇で勝つためだけの情報をいち早く提供してくれます!

 

「競艇展望・若松」G1ダイヤモンドカップ-レース展望まとめ

徳山の後は若松でG1戦線!
地元の瓜生選手や篠崎元志選手が毒島選手や石野選手ら強豪を迎え撃つ!
注目の初日第1レースはこのあと14時44分から!
以上、G1ダイヤモンドカップレース展望でした!