「競艇展望・常滑」G1トコタンキング-事前レース展望や主力選手紹介

ボートレース常滑:G1トコタンキング(4/6~4/11)】

4/6からボートレース常滑で平成最後のG1トコタンキングが開催されます!
2月のトコタンキングを制した地元の大スター池田浩二選手、連続Vなるか?
65周年記念では低調モーターの機力出しに苦しむもセット交換が当たり、その後は圧倒的な強さで予選トップ通過からの王道Vを飾り、大村の一般戦でも優勝し乗りに乗っている池田選手。
対抗筆頭は18年賞金王の峰竜太選手でしょう。
柔軟かつ豪快なターンワークは現在のボート界トップクラスで外枠でも連絡みの期待が大きく、予選の得点争いでは常に首位争いを演じています。

その他にも周年2度優勝している菊地孝平選手山崎智也選手瓜生正義選手ら歴代覇者に前周年で優勝戦3着の仲谷颯仁選手にも目が離せません。
G1トコタンキングを制するのは一体誰になるのか、事前に把握しておくことで舟券予想に役立てていただければと思います!
まずは主力選手の紹介をしていきます。

 

「競艇展望・常滑」G1トコタンキング-主力選手一覧

3780・魚谷 智之選手(兵庫)
全力投球のコーナー戦は枠番問わず脅威に。
特にアウトからの割り差し強襲は絶品。

4063・市橋 卓士選手(徳島)
機力勝負が身上で仕上がれば自在戦冴える。

4075・中野 次郎選手(東京)
昨年末GPシリーズ優出で存在感アピール。

4084・杉山 正樹選手(愛知)
65周年の準優は波風水面で道中逆転の1着。

4166・吉田 拡郎選手(岡山)
ダッシュ戦での決めては鋭く狙いはまくり差し強襲。

4497・桑原 悠選手(長崎)
攻めの姿勢はここでも崩さない!
差しも巧いが芦屋地区選ではまくりでG1初V。

4584・村岡 賢人選手(岡山)
気概溢れるレースは随所に大物感漂う。
冷静に差しに構える場面が増え安定感強化。

4586・磯部 誠選手(愛知)
G1でも徐々にだが着実に舟券絡みを増やしている。
鋭く間隙を突く攻めが持ち味で外でも要注意。

4682・大上 卓人選手(広島)
1着志向の強いレースは大敗のリスクを伴うが舟券の魅力は大きい。
イケイケモードの今こそ大物撃破にも期待。

4848・仲谷 颯仁選手(福岡)
前回の65周年では波風での強さを見せて優出3着。

 

「競艇展望・常滑」G1トコタンキング-ドリーム戦出場選手

1stドリーム戦 4/6(土)初日 第12R

 1号艇 
3941・池田 浩二選手(愛知)
強烈なターンでねじ伏せる走りは減少も65周年は低調機でVと常滑無敵伝説を刻む。

 2号艇 
3783・瓜生 正義選手(福岡)
昨年後半は各地でG1優出を重ね、2/26~3/3開催のG1つつじ賞王座決定戦を制覇するなど巻き返しの準備整う。
伸び足があれば迷わずまくりでケリをつける。

 3号艇 
3557・太田 和美選手(大阪)
豪快さに陰りなし!
SGを制した水面で剛腕健在を見せつける。

 4号艇 
4013・中島 孝平選手(福井)
モーターの性能をMAXまで引き出して押し切るスタイル。
機出しは課題だがターン捌きはピカイチ。

 5号艇 
4344・新田 雄史選手(三重)
芦屋、江戸川の両周年で優出と今年も堅実。

 6号艇 
4337・平本 真之選手(愛知)
コース問わないオールラウンダー。
走りがツボにハマったときは上位着を量産。
まくりも決めて気迫を見せた65周年の再現を。

 

2ndドリーム戦 4/7(日)2日目 第12R

 1号艇 
4320・峰 竜太選手(佐賀)
芦屋で今年G1開幕戦を制して快進撃続く。
今年も“最高”の走りでファンを魅了。

 2号艇 
3622・山崎 智也選手(群馬)
62周年覇者が65周年準優惨敗の雪辱を誓う。
展示で好タイムを出せばまくりに要注意!

 3号艇 
3946・赤岩 善生選手(愛知)
今年は多摩川3Daysで完全Vを達成し、好発進。
前回当地周年では準優敗退。雪辱を果たしたい。

 4号艇 
3960・菊地 孝平選手(静岡)
G1二度制覇の実績を誇る当地で反撃に出る。
周回展示で鋭角旋回見せれば狙いどき!

 5号艇 
4044・湯川 浩司選手(大阪)
行き足~伸びが仕上がったときの攻撃力こそ最大の武器。
展示上位タイムも増え快速戦に復活の兆し。

 6号艇 
4477・篠崎 仁志選手(福岡)
鋭いコーナーワークで道中の追い上げ巧み。

【PR】競艇で勝てる即戦力情報を求めるならOCEAN(オーシャン)が最適


直近3日間での無料情報実績(推奨金額2000円)

3/31
常滑10R1-3-2
36,600円獲得

3/30
戸田7R1-3-6
10,600円獲得

3/29
戸田7R1-5-2
10,200円獲得

競艇予想サイトOCEAN(オーシャン)は今、最も注目すべき予想サイト。

まずは予想情報の質の高さに着目してほしい。
数日間、無料情報を見ていただければ分かる通り“論より証拠”を体現する洗練された予想技術が伺えます!

0125.OCEAN

こちらは1月25日のOCEAN(オーシャン)提供の無料情報で対象レースは戸田10R。
試しに買い目通り100円ずつ参加したものです。
結果は3-1-2で見事的中。そして93.9倍もの高配当の払戻金。
もしOCEAN(オーシャン)が提案した通り2000円投資すれば払戻金は187,800円となっていました!

これまで5000人超の利益獲得者を輩出してきた実績を無料情報から確認することが出来、圧倒的な情報量×分析力で目標1000万円もの資産形成を万全の体制でサポートしてくれます。

1日2分ではじめる競艇投資。
あなたも体験してみませんか?
⇒無料登録はこちら(今なら1万円分のポイントプレゼント)

 

「競艇展望・常滑」G1トコタンキング-注目モーター

45号機
2連対率:48.0%
出足:◎
伸び:◎
初使用から常に上位に仕上がる。

35号機
2連対率:47.1%
出足:◎
伸び:〇
今年に入り実戦で威力を発揮している。

7号機
2連対率:46.6%
出足:◎
伸び:◎
乗り手を問わず高レベルをキープ。

59号機
2連対率:46.6%
出足:〇
伸び:◎
伸び寄りだが、出足も水準ある。

ボートレース常滑のモーターは昨年12月の初下ろしから約3か月以上経過してます。
現段階でのエース機は45号機。
7号機35号機の2基も決して遜色はありません。
また28号機は行き足と伸び共に急上昇中、10号機においては2連率は低いものの看板モーターになるだけのポテンシャルは持ち合わせています。

 

「競艇展望・常滑」G1トコタンキング-まとめ

開催期間中はホーム追い風。
風速はそれほど強くなく、冬場に比べると乗りやすい水面ですが時折春の嵐が吹く場合があり注意が必要でしょう。
地元の大スター池田浩二選手が約11年ぶりに地元周年Vを決めた65周年から、連覇を狙いにいきますがそこは最大の強敵になるであろう「峰 竜太」選手が黙っていないでしょう。
4年連続で年間最高勝率をマークし、昨年は悲願のSGグランプリを制してボート界の頂点を極めています。
当地は約2年4か月ぶりの登場だそうですが、ブランクを感じさせることなく洗練されたレース手腕を発揮してきます。

そして気になるのは7月とこなめオーシャンカップの権利取り。
F休みで2月3月の記念戦線を走れない平本真之選手、岩瀬裕亮選手はこのシリーズが一発勝負であり、ラストチャンス。
最低でも優出を果たす必要があり、一段と気合も入ることでしょう。
特に平本選手は昨年G1はあまり走っていませんが過去10節のG1戦では5優出と実に半分の確立で優出していますし、当地では2戦2優出。そこまで高いハードルではないようにも見受けられます。

平成最後のトコタンキングを制する選手は一体誰になるのか?
4/6の開催が非常に楽しみですね!

以上、常滑・トコタンキング(G1)レース展望でした。