盛岡競馬場「Jpn1 JBCスプリント・レディスクラシック」 展望

地方競馬の祭典が今年は盛岡の地を舞台に繰り広げられる。

11月3日(木)盛岡競馬場にて開催されるJpn1 JBCシリーズ。

牝馬のトップを決める「JBCレディスクラシック」、ハイレベルなメンバーが中央、地方から集結する「JBCスプリント」、そして中距離戦線の王者を決定する「JBCクラシック」という3つの交流G1レースに加えて、地方競馬全国交流レースのジュニアグランプリ(2歳限定 芝1600m)、OROカップ(芝1700m)と例を見ない5レース連続の重賞開催の大盛況間違いなしの1日となる事が予想されます。

このページではレディースクラシック、スプリントの2つのレースを徹底分析していきますので是非馬券の参考になれば幸いです。

 

フネトーークおすすめコンテンツ

公式LINE


限定予想・記事の更新・耳寄り情報などを無料で配信

Twitter


有益な情報や日常報告

注目サイト

2022年下半期大注目! ボートレース無料予想サイト7選

 

「競馬展望・盛岡」Jpn1 JBCレディスクラシック – 概要

開催日:11/03(木)16:40(10R)
開催地:盛岡競馬場
条件:ダ1800m・3歳以上(牝馬限定)
グレード:Jpn1
優勝賞金:6,000万円

 

「競馬展望・盛岡」Jpn1 JBCレディスクラシック – 注目馬

注目馬をまずはピックアップ。

前哨戦こそ敗れたが優勝最有力の馬の力がやや抜けている印象のあるレース。

ただし、決め手のある馬の一発にも魅力があり3レース連続のG1レースの第1ラウンドから大注目です。

 

プリティーチャンス(C.デムーロ)

実力上位の牡馬を相手にしても大負けすることなく挑戦を続けているプリティーチャンス。

5歳になった今年はブリーダーズゴールドカップ2着と好走し10月に当レースの前哨戦として実施されたレディースプレリュードにてショウナンナデシコを破る大金星を挙げました。

この馬の最大の魅力は強力な末脚。後ろに位置していても長く脚を使う事が出来る馬でゴール前に坂があり砂がタフな盛岡の馬場でも力負けをすることは無さそう。

ただし左回りの良績が乏しく10kgの体重減でこのレースへの優先出走権を獲得した前走からの反動が気になるところ。

 

テリオスベル(江田)

今年の春に連勝でダート牝馬路線の有力勢への仲間入りを果たしたテリオスベル。

7月のマーキュリーカップでは牡馬を相手の初重賞で2着と大健闘をしその後は門別、大井の牝馬交流重賞で連続馬券内と好走をしトップグレードレースへの参戦。

逃げる競馬を得意とする馬だったがスタートで後手を踏む事がある。ただしそこから道中で捲っていく競馬をする自在性もあり道中のペースが乱れるようなら波乱を呼び込むキーマンとなる可能性がある。

全国を転々と輸送を続け使い詰め気味な馬の状態はやや心配も牡馬を相手にしても屈しない力強さでここでも大物食いを狙う

 

グランブリッジ(福永)

3歳牝馬ダート路線の登竜門となっている関東オークスで重賞初制覇を達成すると初の古馬を相手としたブリーダーズゴールドカップで重賞を連続勝利。

このレースの2着、3着馬は上記で紹介したプリティーチャンス、テリオスベルでこの2頭は次走でショウナンナデシコにも先着をしていることからその実力の裏付けは充分だろう。

55kgの斤量も経験しており今回は初のショウナンナデシコとの対決。

力関係が明確ではないだけに未知の魅力を秘める。

 

注目! ショウナンナデシコ(吉田 隼)

JBCクラシックに出ていても決してヒケを取らないショウナンナデシコは当然今回のレースの優勝最有力と見て間違いないだろう。

今年の3月に重賞初制覇を飾るとその後は重賞3連勝でG1馬の仲間入りを果たす。ちなみに、かしわ記念の牝馬制覇は史上初の出来事であった。

重賞4連勝で迎えた秋初戦のレディースプレリュードでは8分くらいの仕上げと道中の乱れたペースに泣かされ決め手に屈して3着。しかし予定通りと言わんばかりに10月16日から調教を早速再開しており状態の上積みは充分といったところだろう。

道中を番手で折り合い、内の狭いところを相手を押し出すように入りこんで突き抜けていく器用な競馬を得意としており早めの抜け出してしまえばあとは後続の追撃をしっかりかわす事が出来るかどうかの自分との戦いとなる。

現在5歳もまだまだ馬は元気であり来年以降もこの番組を引っ張る存在となるべく今年2度目のG1タイトル獲得へ負けられない一戦となる

 

➡出走馬一覧はコチラ(オフィシャルサイト)

 

【PR】トリプルクラウンの「ノーチラス」が競艇予想に革命を起こす!
トリプルクラウン
直近の無料情報実績(推奨金額1,000円)

01/11 無料情報
浜名湖10R(30.9倍)
30,900円獲得

⇒無料情報をチェック

ボートレースを当てたいならここを使うしかない!

①「データ・サイエンス」で的中率を向上
②統計解析システム「ノーチラス」により緻密すぎるデータ予想
③個別のサポート対応で利用者の資金、資産の運用への的確なアドバイス

12/15 【プライム】 参加結果


尼崎9R 1-3-2【22.2倍】
   ↓
尼崎11R 2-1-3【53.2倍】
払戻金 234,080円獲得!

① ページ内の『メール送信』へアドレスを記載し送信後届いたメールのURLをタップ。
② LINE、Twitterなど各種SNSアカウントからの登録はボタンをタップするだけで即登録完了。
⇒無料登録はこちら

※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないみたいなのでヤフーアドレス等で登録するのがオススメ

無料登録で1万円分ポイントのチャンス  

 

「競馬展望・盛岡」Jpn1 JBCレディスクラシック – 事前展望

11/03(木) 第10R

左から(枠番・名前・騎手)

1 ① ゴールデンヒーラー(山本 聡)
2 ②ショウナンナデシコ(吉田 隼)
3 ③サルサディオーネ(矢野)
4 ④テリオスベル(江田)
5 ⑤ユノートベル(高松)
5 ⑥アナザーリリック(川田)
6 ⑦レーヌブランシュ(松山)
6 ⑧ジュランビル(和田 譲)
7 ⑨ブランブリッジ(福永)
7 ⑩プリティーチャンス(C.デムーロ)
8 ⑪サルサレイア(山本 政)
8 ⑫ヴァレーデラルナ(岩田 望)

コメント

ゴールデンヒーラーの取消により最内はショウナンナデシコとなった。

スタートが上手く二の脚が速いサルサディオーネがラチを沿うようにハナを主張したいが、その隣のテリオスベルの陣営がハイペースの逃げを宣言していることから競り合いとなる場合も。

いずれにしてもサルサディオーネは最近ハイペースで逃げるタイプではなく溜めて逃げる競馬が板についており他の馬に競られる展開は以前から最も苦手としている。

この両者を行かせる形でショウナンナデシコは3番手を追走。この馬はかしわ記念で1600mを克服、川崎2100mの重賞実績でスタミナ実績があることからスタミナ、スピード双方の面でみてまず馬券内は揺るがない。あとは勝ちきるか取りこぼすかが問題。

初ダートとなるアナザーリリックは芝でもスタートの遅いタイプの馬なので未知数。ただ初ダートがG1というのは基本的に良い事が無いのでバッサリと消したい。

前回のレースでテリオスベル、ショウナンナデシコを倒したプリティーチャンスは北海道の2戦を含めてこれで4戦連続のレースとなり前回のレースで体重を絞れたのが逆に反動となる可能性があり前回の勝利=世代のトップに立てたとは考えない方が良いだろう。ただ前がやり合う展開を6~7番手から見ながら行く競馬になれば末脚が確かなのはこの馬なので先行濃厚の3頭の牙城を崩す最有力には変わりない。

3歳の2頭は力関係と速いペースへの対応次第。レーヌブランシュはこのペースを追走する足が無い鈍足系かつ能力右肩下がりのため馬券内は考えにくくゴール前で脱落するとみる。

サルサディオーネは下手をすると3コーナーから4コーナーの途中で消えていくようなレースにもなりそうでハイペースの逃げ、道中で無理やりのロングスパートをするテリオスベルが先頭で最後の直線を迎える。これをあとは何頭が捕らえていく展開になるとスタミナと根性が要求される。

 

買い目はコチラ⇒タップ

競馬より当てやすい?ボートレースの鉄板予想を公開⇒詳しくはこちらをタップ!

 

【PR】爆速で掴む!競艇スペシャリストがあなたを勝利へ導く
競艇JET
直近の無料情報実績

01/14
福岡12R(23.5倍)1,500円分
35,250円獲得

⇒無料情報をチェック

無料情報成績
集計期間 12/01~12/31
的中率 87.3%
回収率 109.9%

ピックアップ的中実績
  • 2023/01/17
    セカンドクラス

    蒲郡 9R23.9倍

    蒲郡 11R15.1倍

    最終払戻 270,290円
 

 

「競馬展望・盛岡」Jpn1 JBCレディスクラシック – 注目情報

牡馬相手の実績の有無

まず勝ち馬は中央馬のどれかになるとみて話を進めていきます。

牝馬のダート路線の強さの有無を見極める大事な要素として牡馬の重賞級を相手にして実績の有無がポイントが大事となる。

中央競馬には牝馬を限定としたオープンクラス以上のレースが皆無のためクラスが一定のクラスになった牝馬は地方交流に設置されている重賞へ参加するのが1つの流れとなっています。

地方交流の牝馬限定重賞というのは賞金を持っている馬が常に優先出走権を得ることから力関係がはっきりしておりこの括りの中でいくら好走をしていても牡馬を相手にするとまったく歯が立たないほどダート戦線の牡馬と牝馬には明確な力関係の差が存在している。

ショウナンナデシコ⇒5月にJP1かしわ記念で重賞制覇。

プリティーチャンス⇒重賞の馬券内は全て牝馬限定レースもいずれも牡馬混合重賞は僅差の一桁着順。

テリオスベル⇒マーキュリーカップ、オープンレースでの好走、勝利実績。

※サルサディオーネ(元 中央・現 地方所属)⇒中央交流の混合重賞2勝。

対照的に有力馬の1頭に挙げられるグランブリッジ、ここに記載がない中央競馬所属馬は牡馬上位クラスとの対戦経験が無い。

プリティーチャンス、テリオスベルの2頭に先着したグランブリッジとはいえどレースの流れ自体がかなり楽だった前走から対照的に強力な逃げ馬、先行馬が揃う今回はペースに戸惑う可能性と不安も残している。

地方最強牝馬 最後の戦い

強い馬の移籍や外厩施設、トレーニング施設の充実化から昨今の競馬界は「地方競馬の馬=弱い」と考えている人は時代遅れと言わんばかりに地方所属馬が馬券内、時には大金星を挙げるというシーンも珍しくなくなった。

昨年のJBCにおいても地方競馬生え抜きのミューチャリーがJBCクラシックでオメガパフュームやチュウワウィザードを倒し大金星を挙げたことも記憶に新しいだろう

さてこのレースには牝馬交流重賞を長年に渡り引っ張り続けていたサルサディオーネが参戦。昨年の日本テレビ盃ではダノンファラオ、クリソベリルらを倒した経験もある8歳牝馬。

今年に入ってからも7走中6走で馬券内かつ左回りのレースに良績が偏っています。

しかし、今回の最有力馬であるショウナンナデシコが台頭してきた2022年は自身の衰えと逃げるしかない脚質が災いして先行抜け出しを得意とするショウナンナデシコに相性が悪すぎるゆえの力関係の差が生じてしまっている。

昨年のJBCは金沢競馬場開催の苦手な右回りで惨敗、来年のJBCは既に右回りの大井競馬場での実施が発表されていることからこの馬にとって今年のJBCが実質ラストチャンスとなることが予想される。

馬の力をどこまで出して厳しい戦いを覆す事が出来るか?長年に渡りこの路線を引っ張り続けたベテラン牝馬の最後の戦いに注目。

タフなダートと坂を乗り越えるスタミナ

あまり施行されない盛岡ダート1800mはゴール前に設置されている登り坂の入り口をスタートしコースを1周する形態。

向こう正面に向かって緩やかに登り続け3コーナーから4コーナーに向けて今度は下っていき最後の直線は再び登り坂というアップダウンの激しいコースは差し馬が台頭しやすいとも言われている。

更に盛岡競馬場は昨年より砂質や砂圧が変化したことでタフなダートコースへと変貌。

雨が降り馬場が湿るとその影響は薄いもののタフな良馬場条件では坂も相まってスタミナとパワーが要求される舞台での戦いとなることが推測される。

 

「競馬展望・盛岡」Jpn1 JBCスプリント – 概要

開催日:11/03(木)17:20(11R)
開催地:盛岡競馬場
条件:ダ1200m・3歳以上(混合)
グレード:Jpn1
優勝賞金:8,000万円

 

「競馬展望・盛岡」Jpn1 JBCスプリント – 注目馬

注目馬をまずはピックアップ。

全国各地の強力な地方馬から現在のスプリント戦線を引っ張る中央馬が一堂に集結。

前半からハイペースなレースとなりそうでスタートの出遅れは厳禁。

 

イグナイター(田中 学)

強力中央勢に対抗する1番手となりそうなのが南部杯でも僅差の4着と健闘した兵庫競馬所属のイグナイター。

中央交流重賞を2勝しており休み明け初戦だった前走での激走は多くのファンを驚かせました。

岩手への長距離の輸送を経験し今回は得意とするスプリント戦。

スプリンター同士の戦いでは速い流れよりも時計がかかるタフな条件でその力を発揮するタイプの馬。

スプリント~マイル色が有利に働いた前走のような不良馬場ではなく相手に不利な条件となるタフな良馬場が好走の絶対条件となる

 

テイエムサウスダン(岩田 康)

フェブラリーS2着、かしわ記念3着などトップグレードレースでの好走、地方・中央の重賞を5勝しているテイエムサウスダン。

主戦を務める岩田 康成が惚れ込んでいる馬であり中間の調教にも頻繁に乗るなど思い入れが強い一頭。

5歳の春シーズンが終了後に輸送距離の短縮を狙い栗東から美浦へ移籍。その初戦だった東京盃でも2着と好走。前走から14kgのプラス体重を考えると及第点のレースを叩き大一番を迎える。

スプリント馬ではあるがタフなダートを苦にしない、雨が降り時計が速い決着にも対応できる馬で右、左も問わないことから勝ちきるかはわからないが大崩れをするイメージが最も低い

 

ダンシングプリンス(三浦)

一時は地方競馬へ移籍し連勝を果たして中央再転入を果たしたダンシングプリンス。

その絶対的スピード力は国内だけには納まらず2022年はサウジアラビアのリヤドダートスプリント(G3)を制覇した。

今回と同じ舞台設定となる8月のクラスターカップでは不良馬場に脚を滑らせてしまい出遅れると圧倒的支持の1番人気を裏切る4着と凡走。

今回は昨年のカペラSを含めて5勝を挙げている三浦 皇成との再コンビが結成されることとなった。

デビュー以来G1を105連敗していることから勝負弱さがファンにお馴染みとなっている三浦だが交流G1は過去に1度だけ制覇したことがある

成績を残しながら理不尽にもダンシングプリンスを降板させられた春の雪辱を晴らす活躍が出来るでしょうか?

 

注目! レッドルゼル(川田)

昨年のJBCスプリントを制覇し連覇がかかるレッドルゼル。

7ヶ月ぶりとなった前走の東京盃でも使って良くなるという陣営の言葉を良い意味で裏切る快勝を見せた。

このレースでは同じく仕上がり途上だったテイエムサウスダン以外には明らかな力差を示しておりそこからの上積みで更なるパフォーマンスが期待される。

開催場によって距離が変わる事が多いJBC。昨年は金沢競馬場の1周コース+1400m戦で圧勝。1600m戦のフェブラリーSでは昨年4着、今年6着とスプリンターのスピードと一定のスタミナも兼ね備え地方競馬のタフなダートコースは昨年のJBCでしっかりと証明している。

今年はこのレースを終えると適鞍が存在せず、競走馬としては高齢の7歳を迎える来年の上半期にもこの馬が輝けるような条件はほぼ0に近いことからいつ引退してもおかしくない身。

生涯メイチの究極仕上げで全国各地から集結したスプリンター達を一掃する強力な走りが出来れば唯一与えられた「連覇」へのチャンスをしっかりとモノにする

 

➡出走馬一覧はコチラ(オフィシャルサイト)

 

【PR】トリプルクラウンの「ノーチラス」が競艇予想に革命を起こす!
トリプルクラウン
直近の無料情報実績(推奨金額1,000円)

01/11 無料情報
浜名湖10R(30.9倍)
30,900円獲得

⇒無料情報をチェック

ボートレースを当てたいならここを使うしかない!

①「データ・サイエンス」で的中率を向上
②統計解析システム「ノーチラス」により緻密すぎるデータ予想
③個別のサポート対応で利用者の資金、資産の運用への的確なアドバイス

12/15 【プライム】 参加結果


尼崎9R 1-3-2【22.2倍】
   ↓
尼崎11R 2-1-3【53.2倍】
払戻金 234,080円獲得!

① ページ内の『メール送信』へアドレスを記載し送信後届いたメールのURLをタップ。
② LINE、Twitterなど各種SNSアカウントからの登録はボタンをタップするだけで即登録完了。
⇒無料登録はこちら

※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないみたいなのでヤフーアドレス等で登録するのがオススメ

無料登録で1万円分ポイントのチャンス  

 

「競馬展望・盛岡」Jpn1 JBCスプリント - 事前展望

11/03(木) 第11R

左から(枠番・名前・騎手)

1 ①レッドルゼル(川田)
2 ②コパノフィーリング(山本 聡)
3 ③キラットダイヤ(鈴木)
3 ④ラプタス(幸)
4 ⑤イグナイター(田中)
4 ⑥ダンシングプリンス(三浦)
5 ⑦プライルード(本田)
5 ⑧ヘリオス(武)
6 ⑨ワールドリング(張田)
6 ⑩キモンルビー(矢野)
7 ⑪ティーズダンク(和田 譲)
7 ⑫リュウノユキナ(横山 武)
8 ⑬テイエムサウスダン(岩田 康)
8 ⑭スマートダンディー(戸崎)

コメント

決定後追記

 

買い目はコチラ⇒タップ

AI予想で競馬初心者でもボートレースを的中!詳しくはこちらをタップ

 

【PR】勝てる予想 それは一歩先の未来にある
アドバンス
直近の無料情報実績

01/18
蒲郡5R(24.7倍)1,000円分
24,700獲得

⇒無料情報をチェック

無料情報成績
集計期間 12/01~12/31
的中率 83.7%
回収率 116.5%

ピックアップ的中実績
  • 2023/01/17
    ベーシックプラン

    下関1R108.0倍

    下関3R8.5倍

    最終払戻 306,000円
 

 

「競馬展望・盛岡」Jpn1 JBCスプリント – 注目情報

短距離だがスタミナ要求の舞台


盛岡競馬場の1200mは広いコースを生かして長い直線からカーブを曲がりゴール前へと向かっていくワンターンの条件を採用している。

そのため地方競馬の短距離重賞にありがちなコーナーが4回の一周競馬ではないため短距離馬にとっては走りやすい条件とされる。

しかし、ゴール前には地方競馬場では唯一となる登り坂も用意されていることに加えて砂が厚くタフな条件は最後にどうしても堪えるため外からの差しが決まる条件とされる。

今回は中央、地方共にスピード自慢が集まっている事から前半から逃げ馬と先行勢がバチバチとやり合う事が想定される。徐々に脱落していく先行勢を最後に飲み込む強力な末脚を持つ馬は最後の50mくらいで大逆転を呼び込むかもしれない。

侮れない地方勢

近年のJBCで地方勢が最も台頭する条件とされるのがこのスプリント。

2018年3着 キタサンミカヅキ、2019年1着 ブルドッグボス、2020年1着 サブノジュニアといった地方代表格の馬たちの好走が光る。

今年も兵庫から南部杯で僅差の4着と好走したイグナイター、浦和1400mの中央馬との交流重賞で好走歴のあるティーズダンクといった有力勢が人気の中心を担う事が推測される。

更に地元の岩手からは大将格のキラットダイヤが出走。

中央1勝クラスを勝利後に昨年より岩手へ移籍後に7勝を記録し時計面でも決して遜色ない一頭。

前哨戦の位置づけであったクラスターCへの出走が無かったため真に強い馬たちとの戦いでは未知の面がある馬だが決して軽視される存在ではないということをここで伝えておきたい。

 

概要欄

ブログランキング


あなたのそのタップが私の力になります。

公式LINE


限定予想・記事の更新・耳寄り情報などを無料で配信

当サイトの予想について

当ページの舟券・馬券の予想は的中を約束するものではございません。

舟券・馬券の購入は自己責任となることをご了承ください。