「競艇レース回顧・びわこ」開設68周年記念 G1びわこ大賞

「競艇レース回顧・びわこ」開設68周年記念 G1びわこ大賞-優勝戦プレイバック

ボートレースびわこで無観客の中、開催された「開設68周年記念 びわこG1大賞」最終日。

帰郷者続出、準優でも1号艇が全滅と、大混戦の今シリーズ。そんな中ポールポジションを獲得したのは①西山貴浩選手。自身初のG1タイトルへ向けて最大のチャンスが巡ってきました。

予選トップ通過ながら準優では2着に敗れた④松井繁選手、実力確かな⑥長田選手が顔を揃えれば、地元勢からは②丸野一樹選手、③君島秀三選手、⑤馬場貴也選手の3選手が駒を進めてきました。

準優でも6枠でコースアクションを見せた⑥長田選手のコース取りに注目が集まりましたが、入ることはできず枠なり進入に。

追い風2m、波高4㎝の中迎えた本番。

ほぼ差のないSTで、人気を集めた①西山選手が0.11のトップSTを決めました。1周1Mでは逃げる①西山選手に対して、3コースの③君島選手が全速ツケマイ。そのツケマイが見事に決まり③君島選手が抜け出したかに見えましたが、その内を鮮やかに捉えてきたのが⑤馬場選手。2艇が並ぶ展開は1周2Mで突き放した⑤馬場選手が後続艇を振り切り。

レースを作った③君島選手が二番手。三番手はインから立て直して、②丸野選手を捌いた①西山選手が入線。混戦シリーズは最後も好配当の決着で幕を閉じました。

このあとは今節を振り返っていきます。

 

【PR】業界最高峰の精度と配当を誇る飛車コースをはじめ、稼げるコースが盛り沢山!
舟王
「数学」「専門知識」「経験則」3要素のバランスを調整しながら、数百回のレースシミュレーションを行い、最終的な予想ラインナップを決定し極上の競艇予想を提供している予想サイト。評判の回収率の高さ!

無料情報成績
集計期間 11/26~12/10
的中率 60.0%
回収率 81.1%

ピックアップ的中実績
  • 2020/12/02
    金将

    芦屋9R37.4倍

    芦屋11R32.4倍

    最終払戻 1,059,480円
 

「競艇レース回顧・びわこ」開設68周年記念 G1びわこ大賞-今節の振り返り

Wドリームで行われた今節。初日の「戦国ドリーム1」ではインの松井選手を馬場選手が捲り差しで撃破。

2日目の「戦国ドリーム2」ではインの守田俊介選手を瓜生正義選手が捲って白星。瓜生はこの白星で自身通算2000勝を達成しました。

優勝候補の峰竜太選手、篠崎元志選手らが帰郷する中、得点争いは大激戦。その中で松井選手が得点トップ通過。地元の馬場選手が2位、健闘光った石丸海渡選手が3位で、それぞれ準優の1号艇を獲得しました。

最初にも触れましたが、準優では1号艇が全て逃げ切ることができず。最初の10Rでは④君島選手が5コースカドから捲り差し。好旋回で残した⑥長田選手が優出切符を獲得。続く11Rでも①馬場選手が②西山選手に差しを許して、逃げ切ることができず。最後の準優12Rでは一旦は①松井選手が逃げ切ったかに思われましたが、2Mで③丸野選手が差して1着。波乱続きの準優勝戦となりました。

地元勢が大挙参戦となった今シリーズ。3選手を優勝戦に送り込み、最後に決めたのは馬場選手でした。好エンジンを手に初日から躍動。準優では1枠で敗れて「気持ちが切れた」と、後に話していましたが、優勝戦ではらしさ全開の絶品捲り差し。ピットに帰って来ると目には浮かぶものが。意外にもこれが馬場選手自身初のG1初タイトル。賞金の上積みにも成功して、年末のGP出場へ向けても弾みの付くVとなりました。

 

🏆ブログランキング参加中🏆
よろしければ、応援クリックのほど宜しくお願いします。
⇒ ブログランキング