「競艇レース回顧・徳山」G1徳山クラウン争奪戦・開設67周年記念競走-優勝戦結果

ボートレース徳山で熱戦が繰り広げられた「G1徳山クラウン争奪戦開設67周年記念競走」
最終日は優勝戦までにイン逃げが10本決まるという流れでした。
絶好枠の①井口佳典選手を始め、地元の②今村豊選手、⑥白井英治選手と言った豪華メンバーが顔を揃えた優勝戦。

注目のコース取りでは展示から⑥白井選手は動きを見せることなく枠なり進入となりました。
直前になり向かい風が強まり7m、波高7㎝によるコンディション。
スロー3艇、ダッシュ3艇の隊形。0.10のトップSTを放ったのがカドの④茅原悠紀選手。
一つ内隣の③山口剛選手が0.23とややST遅れる展開で④茅原選手が一気に攻める展開に。
インの①井口選手もST自体は0.12と悪くありませんでしたが、ST隊形と、ダッシュ分伸びた④茅原選手がそのまま攻め切りトップに立ちました。
捲り差した⑤田村隆信選手が二番手に付けていましたが、2Mで好旋回の⑥白井選手が二番手逆転。
追い上げた①井口選手でしたが、三番手まで。
最後の最後に波乱の結末で今シリーズは終了しました。
このあとは今節を振り返っていきます。

【PR】的中量産!理想を現実化する競艇投資術。熱い『魂』を感じろ!
圧倒的な回収率×徹底したサポート体制。会員から絶大な支持を得ている競艇予想サイト「競艇魂」


予想サイトの基本は『無料情報の的中率』まず無料情報が当たらないサイトは最初の信用を勝ち取れません。

無料情報実績

01/09
唐津12R/児島11R/尼崎12R
+85,800円獲得

競艇魂の場合は連日に渡って信頼に値する無料情報の的中率の高さを誇っています!
無料が当たるという事は有料情報にはさらに期待度が増すというもの。
初回限定キャンペーンの『限定レース情報』に参加した結果がこちら↓

常滑11R 4-1-6 86.2倍

合計購入金額 20,000円
合計払戻金額 172,400円

均等買いで21,500円ずつ計8点購入↓

下関3R 2-3-5 45.2倍

合計購入金額 172,000円
合計払戻金額 971,800円



常滑11R→下関3Rでコロガシに成功!
払戻金は971,800円!…正直凄すぎませんか?

もちろん登録・月額費等は一切かかりませんし、競艇で稼ぐことが目的ならば試さない手はありません。
無料情報であっても百戦錬磨の競艇のプロが魂を込めた圧倒的な配当を提供してくれます↓

▼無料登録手順▼(パソコン)
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し送信をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります。)
⇒無料登録はこちら(※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないらしいのでヤフーアドレス等で登録するのがオススメ)

▼無料登録手順▼(スマートフォン・携帯電話)
① ページ内の『空メール送信』をタップ(クリック)してアドレスを選択、空メールを送信。
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります。)
⇒無料登録はこちら(※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないらしいのでヤフーアドレス等で登録するのがオススメ)

 

「競艇レース回顧・徳山」G1徳山クラウン争奪戦・開設67周年記念競走-今節の振り返り

逃げが10本決まった今節の初日。
初日のドリーム戦では地元の今村選手が逃げ切り幸先いいスタートを切りました。2日目のドリームでは毒島誠選手が逃げて白星。
しかし、今節はリズムに乗りきれず予選落ちの結果に。
予選トップ通過を果たしたのが池田浩二選手。
初日のドリーム戦を6コースから3着にまとめると、その後は2勝を挙げるなど好調の走り。
2位に井口選手、3位に今村選手が続きました。
減点もあった白井選手でしたが、何とか予選突破は果たしました。
迎えた準優勝戦。
今村選手、井口選手は逃げを決める結果に。
しかし12Rでは波乱。ピットアウト直後に④安河内選手が転覆するアクシデント。
仕切り直しで行われた本番では、カドとなった⑤山口選手が捲って白星。
マークの⑥白井が続く形となり、予選トップ通過を果たした①池田選手でしたが、準優勝戦で姿を消しました。

今節は55号機を相棒に初日から軽快な動きを見せていた茅原選手。
2日目のドリーム戦では6枠で登場。、0.02の強烈な踏み込みから冷静に差して2着をゲット。
コースを問わない走りはまさしくいい時の姿でした。大崩れない安定した走りでしっかり優出を果たすと、優勝戦では向かい風を味方に、見事に攻め切ってVを掴みました。
ここ徳山は3度目の記念制覇と、まさに“ドル箱水面”。
4月の中旬からリズムも上々で、次節のボートレース住之江で開催される「SG第47回ボートレースオールスター」に乗り込みます。

残念ながら無観客で行われますが、画面越しからも、持ち前のスピード戦で活躍してくれるでしょう!
以上、G1徳山クラウン争奪戦レース回顧でした!

 

🏆ブログランキング参加中🏆
よろしければ、応援クリックのほど宜しくお願いします。
⇒ ブログランキング