「競艇レース回顧・芦屋」G1全日本王座決定戦 開設68周年記念-優勝戦結果

ボートレース芦屋で熱戦が繰り広げられた「G1読売新聞社杯 全日本王座決定戦 開設68周年記念」は最終日を迎えました。

注目の優勝戦では絶好枠の①峰竜太選手を筆頭に、好メンバーが集まりました。
左風1m、波高1㎝、あいにくの雨の中で迎えた本番。
ST展示同様に枠なり3対3の進入となりました。STでまさかの波乱が起こりました。
2コースの②石橋道友選手が+0.01の勇み足に。
圧倒的人気を集めた①峰竜太選手は0.02、3コースの③菊地孝平選手は0.01と強烈な踏み込みを見せました。
1周1Mでは捲り差しを狙った③菊地選手を①峰選手が寄せつけずあっという間に独走態勢を築きました。
二番手には展開を突いた⑤前田将太選手が入着しました。
④篠崎元志選手、⑥羽野直也選手を振り切った③菊地選手が三番手で続きました。初日から存在感をまざまざと見せつけた①峰選手が今年8度目、G1戦は2度目の優勝を飾り幕を閉じました。
このあとは今節を振り返ってみます。

【PR】21世紀型 競艇予想 「AI×人の究極融合サイトがここに誕生」
PIT
直近の無料情報実績(推奨金額2,000円)

11/25 無料情報
戸田11R
+31,600円獲得

⇒無料情報をチェック

勝つための秘策が充実

①独自AIシステムの導入
②競艇暦20年以上を誇る分析班の採用
③人と科学の融合が真の情報配信を実現

最新AI予想を導入。過去40年以上のデータを内包した高確率、高配当の予想だけを配信している超優良サイト。
その最大の売りは、AIと人の融合による究極予想
それこそが「PIT」です。
まずはPITが常に高利益を獲得できる理由を2つご紹介。

推奨①独自の情報ルート
AI予想と並行し多方面からの情報を獲得。ここにAI予想をクロスさせることで他にない予想を提供。

推奨②個別のサポート対応
利用者の資金、資産の運用への的確なアドバイスを積極的に行っていくことでマイナスを作らず常に高い確率で成功へ導く。的確な対応で常に利用者目線で高額利益獲得へ。
この2点を重視することで誰でも安定した資産運用を実現することができる。

09/23 PIT【ダイヤモンドコース】参加結果


津8R【25.5倍】
   ↓
蒲郡2R【157.9倍】

払戻金 1,610,580円獲得!
登録時にもらえる1万円分のポイントを利用し有料情報を購入。推奨通りの舟券購入で高配当獲得に成功した。

▼無料登録手順▼(パソコン)
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し『会員登録メールを受け取る』をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります。)
⇒無料登録はこちら

▼無料登録手順▼(スマートフォン・携帯電話)
① ページ内の『空メール送信』をタップ(クリック)してアドレスを選択、空メールを送信。
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります。)
⇒無料登録はこちら

※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないみたいなのでヤフーアドレス等で登録するのがオススメ

無料登録で期間限定特典をGET!  

 

「競艇レース回顧・芦屋」G1全日本王座決定戦 開設68周年記念-今節の振り返り

初日はイン逃げが3本しか決まらないと言う波乱のスタートでした。

そんな中、峰が5・3枠で捲り差し連発で連勝スタートを切りました。
初日のドリーム戦では馬場貴也選手が5コースから捲り差しで抜け出し先頭へ。
地元の瓜生正義選手は1枠で6着と不安の残る一日となりました。予選道中、活躍が目立ったのがエース機を引き当てた石橋選手でした。峰選手に負けじと開幕から3連勝。

外枠の二走を中間着でまとめて予選を3位通過を決めました。それでもオール2連対で峰選手が堂々の予選トップ通過。
初日のドリームを制した馬場選手が2位でした。
地元の瓜生選手に、SGクラシック覇者の吉川元浩選手は予選落ちとなりました。
峰選手と石橋選手が準優で逃げを決める中で、馬場選手は3着に敗れる波乱が起こりました。
そのレースで1着となったのは2コースから差しを決めた菊地選手でした。
馬場選手の猛追を振り切った羽野選手が地元で嬉しい優出を決めました。篠崎元選手に前田選手が2着で、菊地選手以外は九州勢がズラリと揃うことになりました。
好エンジンをゲットして期待も高まった今シリーズ。
その状況で初戦から圧巻の走りを見せました。コースを問わず、終わって見れば8戦6勝のオール2連対でVを決めました。
持ち前の調整力は衰えを知らず、今節もパワフル仕立てに。

優勝戦でもF艇が出る中で自身も強烈な踏み込みを見せました。
この芦屋はまさにドル箱水面で、今大会は4回目の制覇を飾りました。

峰選手は今、最も艇界で強い男と言えるでしょう。
今月末には「SGオールスター」で久しぶりのSG戦線への復帰。
人気も実力もNo.1の男が、無観客水面を熱く盛り上げてくれるに違いありません。
以上、G1全日本王座決定戦 開設68周年記念レース回顧でした!

 

🏆ブログランキング参加中🏆
よろしければ、応援クリックのほど宜しくお願いします。
⇒ ブログランキング