「競艇レース回顧・蒲郡」G1オールジャパン竹島特別 開設65周年記念競走-優勝戦結果

ボートレース蒲郡で開催された「G1オールジャパン竹島特別開設65周年記念競走」は最終日の優勝戦を迎えました。

ポールポジションの①峰竜太選手を中心に好メンバーが揃いました!
展示ではスロー3艇、ダッシュ3艇の3対3のスタイル。
風も微風程度で迎えた本番。
コース取りで③湯川浩司選手が3カドに持ち出しました。

スリットでは全艇そこまで差のない隊形に。
ただダッシュを乗せた③湯川選手の勢いが違いました。


そのまま①峰選手に②西山貴浩選手の内側二人を飲み込んで捲って先制。

展開向いた④茅原悠紀選手は待って差した分、二番手まで。
センター勢の攻めに乗った⑤森定晃史選手が流れ込んで三番手。
トップSTを決めた⑥椎名豊選手だったが、さすがにコース遠く4着。
また、圧倒的人気を集めた①峰選手が1周1Mの時点でエンスト失格。
1周2Mを回った時点で③湯川選手の優勝はほぼ決まったようなもの。
優勝戦は最後の最後に波乱の決着で終わります。
このあとは今節を振り返ってみます。

【PR】的中量産!理想を現実化する競艇投資術。熱い『魂』を感じろ!
圧倒的な回収率×徹底したサポート体制。会員から絶大な支持を得ている競艇予想サイト「競艇魂」


予想サイトの基本は『無料情報の的中率』まず無料情報が当たらないサイトは最初の信用を勝ち取れません。

無料情報実績

04/05
びわこ12R
55,000円獲得

競艇魂の場合は連日に渡って信頼に値する無料情報の的中率の高さを誇っています!
無料が当たるという事は有料情報にはさらに期待度が増すというもの。
初回限定キャンペーンの『限定レース情報』に参加した結果がこちら↓

常滑11R 4-1-6 86.2倍

合計購入金額 20,000円
合計払戻金額 172,400円

均等買いで21,500円ずつ計8点購入↓

下関3R 2-3-5 45.2倍

合計購入金額 172,000円
合計払戻金額 971,800円



常滑11R→下関3Rでコロガシに成功!
払戻金は971,800円!…正直凄すぎませんか?

もちろん登録・月額費等は一切かかりませんし、競艇で稼ぐことが目的ならば試さない手はありません。
無料情報であっても百戦錬磨の競艇のプロが魂を込めた圧倒的な配当を提供してくれます↓

▼無料登録手順▼(パソコン)
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し送信をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります。)
⇒無料登録はこちら(※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないらしいのでヤフーアドレス等で登録するのがオススメ)

▼無料登録手順▼(スマートフォン・携帯電話)
① ページ内の『空メール送信』をタップ(クリック)してアドレスを選択、空メールを送信。
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります。)
⇒無料登録はこちら(※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないらしいのでヤフーアドレス等で登録するのがオススメ)

 

「競艇レース回顧・蒲郡」G1オールジャパン竹島特別 開設65周年記念競走-今節の振り返り

地元の蒲郡で気合がより一層入っていた愛知勢。
初日のドリーム戦では地元のエース・池田浩二選手がイン踏ん張って幸先良いスタート。
2走目でも白星を挙げ、今節は大いに期待が高まったが、その後はリズムに乗れず。
何とか予選突破は果たしたが準優は大外枠となりました。
他の地元勢では平本真之選手が4位通過、杉山正樹選手が13位で通過。
赤岩善生選手、柳沢一選手らは予選落ちに終わってしまいます。
予選を6戦4勝、オール3連対と絶好調の峰選手が悠々と予選を首位で通過。

今節はいつも以上に“絶口調”だった西山選手が2位。
好パワーを誇った湯川選手が3位で予選通過を果たしました。

迎えた準優勝戦。
優出一番乗りを決めたのが①湯川選手。
二番手争いが激戦。大外発進となった⑤椎名選手が捲り差して二番手に。
その⑤椎名選手に迫った②平本選手、⑥池田選手の地元選手でしたが、惜しくも届きませんでした。
続く10Rは①西山選手がガッチリ。
②茅原選手、③白井英治選手、⑤萩原秀人選手の争いとなったが②茅原選手が振り切り2着に。
11Rでは①峰選手がイン圧勝劇。
2着にはセンタ-から握って攻めた③森定選手が久々の記念優出を決めました。
まさに“してやったり”の勝利だったと言えます。

1号艇には、今や艇界最強レーサーと言っても過言ではない峰選手。
「今日はがっつり伸び型にして行きました。パンチがありましたね」と峰選手に勝つには捲りしかないという気持ちが調整・コース取りから伝わっていました。

今日の湯川選手は“らしさ全開”のレーススタイル。
伸び寄りに仕上げて、センター・アウト戦から強気な攻め。
元々、調整力は折り紙付きです。湯川選手も現在では40歳。
今ではどんどん若手の台頭も出てきていますが、そう簡単には譲るつもりはなさそう。
これからも湯川選手らしい“快足仕立ての強攻レース”を見せてくれると思わせてくれた優勝でした!

以上、G1オールジャパン竹島特別 開設65周年記念競走のレース回顧でした!

 

🏆ブログランキング参加中🏆
よろしければ、応援クリックのほど宜しくお願いします。
⇒ ブログランキング