「競艇レース回顧・多摩川」G1ウェイキーカップ開設66周年記念-優勝戦結果

ボートレース多摩川で行われた「G1ウェイキーカップ開設66周年記念」最終日。
ベテランから若手まで、豪華メンバーに揃った優勝戦。
追い風5m、雨が降るコンディションの中で行われました。
⑥桐生順平選手のコース取りにも注目されたが、展示・本番共に動くことなく枠なり進入。
また、準優勝戦で3カドを見せた③佐藤隆太郎選手でしたが、優勝戦ではスローを選択。

G1多摩川優勝戦スタート

STではインの①毒島誠選手と、カドの④篠崎元志が0.02の強烈なST。他の艇もほとんど差のないスリット合戦。

G1多摩川優勝戦スリット
1Mを先に回った①毒島が後続艇を突き放して圧勝劇。
握った③佐藤選手は①毒島選手に飛ばされて後退。

G1多摩川優勝戦1周1M

 

空いた懐を差した⑤須藤博倫選手が二番手に浮上。
内から粘った②松井繁選手を追いすがった③佐藤選手に④篠崎選手でしたが②松井選手が何とか3着は守りました!
大外発進となった⑥桐生選手は1Mで差し場がなく無念にも大敗に終わってしまいます。
このあとは今節を振り返ってみます。

【PR】競艇で勝てる即戦力情報を求めるならOCEAN(オーシャン)が最適
OCEAN_PR
直近の無料情報実績(推奨金額2,000円)

04/03
大村5R
170,400円獲得

競艇予想サイトOCEAN(オーシャン)は今、最も注目すべき予想サイト。

まずは予想情報の質の高さに着目してほしい。
数日間、無料情報を見ていただければ分かる通り“論より証拠”を体現する洗練された予想技術が伺えます!

0115.OCEAN

こちらは4月3日のOCEAN(オーシャン)提供の無料情報で対象レースは大村5R。
試しに買い目通り100円ずつ参加したものです。
結果は推奨の8点から的中。そして85.2倍と無料情報でトリガミや一桁オッズの払戻金が多い昨今だがいずれも回収率は上々だった。
もしOCEAN(オーシャン)が提案した通り2,000円投資すれば払戻金は170,400円となっていました!

これまで5000人超の利益獲得者を輩出してきた実績を無料情報から確認することが出来、圧倒的な情報量×分析力で目標1000万円もの資産形成を万全の体制でサポートしてくれます。

1日2分ではじめる競艇投資。
あなたも体験してみませんか?

▼無料登録手順▼(パソコン)
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し『無料登録する』をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないらしいのでヤフーメールアドレスで登録するほうが無難です。)
⇒無料登録はこちら(今なら1万円分のポイントプレゼント)

▼無料登録手順▼(スマートフォン・携帯電話)
① ページ内の『無料登録する』をタップ(クリック)してアドレスを選択、空メールを送信。
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないらしいのでヤフーメールアドレスで登録するほうが無難です。)
⇒無料登録はこちら(今なら1万円分のポイントプレゼント)

 

「競艇レース回顧・多摩川」G1ウェイキーカップ開設66周年記念-今節の振り返り

開幕戦からいきなり13万舟のビッグ配当で幕開けした今節。
初日に魅せたのは桐生選手でした!

6,3枠で連勝ゴール。
準地元水面で予選は4勝をマークと、コースを問わない走りでファンを魅了。
また、篠崎兄弟の活躍が光りましたね。
兄の元志選手が予選を2位通過を決めれば、弟の仁志選手は6位で予選を突破と、艇界の兄弟最強レーサーが今節は大暴れ。
地元勢では濱野谷憲吾選手中野次郎選手長田頼宗選手佐藤選手の4名が予選突破を果たしました!

一つ目の準優10Rでは①松井選手が優出一番乗り。
2着に入った④井口佳典選手でしたが、不良航法で賞典除外に。
3着の②桐生選手が繰り上がりとなりました。
11Rでは、前付け艇を入れて②佐藤選手が3カドから捲り一撃。
インから何とか粘った①篠崎元志選手が2着。
12Rは①毒島選手がイン速攻。1M果敢に握った②篠崎仁選手の内を差した④須藤選手が、②篠崎選手を振り切って優出切符を獲得した。
まさに“王道”の勝ちっぷりと言えるでしょう!

初日のドリーム戦を制すと、その後も2、5枠で白星を追加。
大外枠もきっちり3着にまとめて、オール3連対での予選トップ通過。
そうなれば準優・優勝戦としっかり逃げ切ってのVゴールへまっしぐら。今年初のG1タイトルを獲得しました。

全国で猛威を振るうコロナウイルスの影響がずっと続いています。
そうした中でも、自らが他のアスリートに呼びかけて“ONE TEAM”を発足。
SNSでコロナの予防対策等を呼びかけています。

この暗い世の中で、少しでも自分のできることをファンに届けたい。
優勝した瞬間にはカメラに向かってのガッツポーズはファンに向けてのものだったかと思います。
今年も年末の大舞台へ、毒島選手の活躍は止まりません!

以上、G1ウェイキーカップ開設66周年記念のレース回顧でした!

 

🏆ブログランキング参加中🏆
よろしければ、応援クリックのほど宜しくお願いします。
⇒ ブログランキング