「競艇レース回顧・下関」開設66周年記念G1競帝王決定戦-優勝戦結果

今節も無観客の中、ボートレース下関で開催された「開設66周年記念G1競帝王決定戦」
最終日は優勝戦までに全てのレースでイン逃げの決着とまさに“イン天国”でした!
迎えた優勝戦はスタート展示から⑥新田雄史選手がコース取りで動きを見せます。

本番では④稲田選手と⑤久田敏之選手がダッシュに引っ張って4対2の進入隊形。


スリットを過ぎて④稲田がカドから伸び加減で攻めに出たが、インの①瓜生正義選手も何とか抵抗して先マイへ。

G1下関1M

その懐を③峰竜太選手が差し伸ばしてきましたが、2Mで①瓜生選手が③峰選手を抑えこんで、振り切って先頭へ。
③峰選手は2Mで失速し、展開突いた⑥新田選手が二番手を確保。
③峰選手が三番手に付けていましたが、④稲田選手が3周1Mに逆転に成功。
結局、終わってみれば最終日は全て逃げの決着に。
ただ、優勝戦だけは人気薄の⑥新田選手が絡んで本日唯一の万舟券となりました!
このあとは今節を振り返ってみます。

【PR】競艇で勝てる即戦力情報を求めるならOCEAN(オーシャン)が最適
OCEAN_PR
直近の無料情報実績(推奨金額2000円)

01/12
戸田12R
+233,000円獲得

競艇予想サイトOCEAN(オーシャン)は今、最も注目すべき予想サイト。

まずは予想情報の質の高さに着目してほしい。
数日間、無料情報を見ていただければ分かる通り“論より証拠”を体現する洗練された予想技術が伺えます!

0125.OCEAN

こちらは1月25日のOCEAN(オーシャン)提供の無料情報で対象レースは戸田10R。
試しに買い目通り100円ずつ参加したものです。
結果は3-1-2で見事的中。そして93.9倍もの高配当の払戻金。
もしOCEAN(オーシャン)が提案した通り2000円投資すれば払戻金は187,800円となっていました!

これまで5000人超の利益獲得者を輩出してきた実績を無料情報から確認することが出来、圧倒的な情報量×分析力で目標1000万円もの資産形成を万全の体制でサポートしてくれます。

1日2分ではじめる競艇投資。
あなたも体験してみませんか?

▼無料登録手順▼(パソコン)
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し『無料登録する』をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないらしいのでヤフーメールアドレスで登録するほうが無難です。)
⇒無料登録はこちら(今なら1万円分のポイントプレゼント)

▼無料登録手順▼(スマートフォン・携帯電話)
① ページ内の『無料登録する』をタップ(クリック)してアドレスを選択、空メールを送信。
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる(メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いてる可能性があります※iCloudメールアドレスは登録は出来てもメールが届かないらしいのでヤフーメールアドレスで登録するほうが無難です。)
⇒無料登録はこちら(今なら1万円分のポイントプレゼント)

 

「競艇レース回顧・下関」開設66周年記念G1競帝王決定戦-今節の振り返り

今節も近年、記念戦線でよく見られる「Wドリーム」が行われた。初日のの1枠には地元のレジェンド・今村豊選手。
近況は目立った活躍なかった今村選手だけに、ドリーム戦を制して今節こそは!と期待が高まりましたが、その後はポイントを伸ばせず予選落ちの結果に。

2日目のドリームを制したのが、地元のエース・白井英治選手。

こちらの白井は安定した成績で予選を5位で通過。
きっちり準優に駒を進めました。予選で評判の足だったのが、優勝戦にも進出した稲田選手。
他の選手から「脱帽した」とコメントが出るくらいの抜群パワー。大崩れない成績で3位で通過。
予選トップはオール3連対でまとめた瓜生選手でした。
迎えた準優勝戦。
1つ目の9Rでは③馬場貴也選手が絶品の捲り差しで①稲田選手を撃破。
①稲田選手は先マイから2着とした。続く10Rでも波乱の決着が待っていた。
タッチスタートを決めた②白井選手が捲り敢行。
ただ①茅原選手が抵抗気味に回った為、④峰選手、⑤新田選手が差し抜ける展開に。
当地5連覇を目指していた②白井選手は追い上げも届かず3着に終わってしまいました。
11Rでは①瓜生選手が準優で唯一の逃げを決めた。上手く展開を突いた⑤久田選手が優出切符を獲得しました。
一筋縄ではいかなかったが、最後にきっちり決めるのがこの瓜生選手です!
初日のドリーム戦では執念の追い上げで3着同着に持ち込むと、安定した成績で予選トップ通過。

良機とは言えない47号機をしっかり立て直して、優勝戦に進出。
その優勝戦でも厳しいスリット隊形。
それでも1M、2Mともに卓越したハンドル捌きで、約1年1ヶ月ぶりのG1優勝を決めました。

以上、開設66周年記念G1競帝王決定戦のレース回顧でした!

 

🏆ブログランキング参加中🏆
よろしければ、応援クリックのほど宜しくお願いします。
⇒ ブログランキング