「競艇展望・住之江」SG第34回グランプリ(賞金王決定戦)-事前レース展望

ボートレース住之江:SG第34回グランプリ(12/17~12/22)】

第34回 賞金王決定戦【グランプリ】
とうとう今年もこの時がやってきました、SG第34回グランプリ。
今年1年のビッグレースを引っ張ってきた豪華顔ぶれが大集結し、1億円争奪バトルを繰り広げることになります。
枠番決めでは抽選も行われるので、レースが熱いのはもちろんのこと、レース終了後でも目が離せないことでしょう。
使用されるモーターは賞金ランク6位以内のトライアル2nd組は2連対率上位6機、それ以外でも上位の2連対率を誇るモーターが出そろうので超ハイレベルのレースが繰り広げられることは間違いありません。

今回は初心者にもわかりやすく、グランプリとシリーズ戦の違いを説明するため、チャレンジカップのように内容を併記はせずに別々に書いてあります。
シリーズ戦について詳しく知りたい方、注目出場選手を見たい方はもう一方の記事をご覧ください!
また、今節のモーター情報は情報盛り沢山!
こちらは水面特徴とひとまとめにして別記事として用意していますので、合計3つを読み込んで6日間のお祭りを楽しみましょう。

⇒SG第34回グランプリシリーズ事前レース展望はこちら
⇒SG第34回グランプリ/グランプリS-モーター&水面特徴はこちら

2018住之江SGグランプリ優勝戦

「競艇展望・住之江」SG第34回グランプリ-賞金王決定戦への道

1日目、2日目(トライアル1st)
賞金ランク7位から18位の選手による2走でのバトル。
1走目はランキングに応じた枠番がすでに決まっています。
2日目は1日目のそれぞれ1・3・5着、2・4・6着の選手が入れ替わる形でのレースになります。
2日目の枠番はくじ引きで決まります。
2日目を終えて得点率上位6名が3日目から5日目のトライアル2ndに進出します。また下位6名はこの2日の得点を引き継いだままシリーズ戦に回ることとなります。

3日目~5日目(トライアル2nd)
いよいよトライアル2ndから賞金ランク6位以内の選手が登場。しかもこの6名の選手はモーター2連対率上位6機のみが割り振られており、かなり期待されます。
3日目のトライアル2ndでの1走目は、内枠3名は6位以内の選手が賞金ランク順に、外枠3名はトライアル1stの上位6名の選手が1stでの得点率の順に入ります。
4日目、5日目のトライアル2ndの2走目、3走目ではそれぞれ1・3・5着、2・4・6着の選手が入れ替わる形で枠番は抽選で行われます。
なお、1stの得点率は2ndには持ち越しとならずリセットされます。
3日間のトライアル2ndでの超短期決戦を乗り越えたベスト6が1億円への挑戦権を得ることとなります。

 

【PR】ナイターに自信あり!最強のナイター予想と安定のデイレース予想

▲おすすめポイント

ナイターを特に多くやる人には特にオススメ!
実績や信頼度で数値化しランク付けしているのでデータの信頼性に定評あり。

 

「競艇展望・住之江」SG第34回グランプリ-注目選手

 

今年もランク1位 最終日には3重の喜びなるか 毒島誠

4238

住之江勝率7.15 住之江2連対率47.9%
今年は2連続SG制覇を含む4連続SG優出があった毒島誠選手。
昨年に続いての賞金ランク1位で登場となりました。
近況においても記念レベルで優出を複数回と、夏場以降のハイレベルな安定性が非常に魅力です。
さらにSG優勝6回中5回はナイターでのものと、毒島選手にとってはアドバンテージになる可能性も。
加えて決定戦の22日は毒島選手の妻の誕生日、そして結婚記念日と大きな力を与える日になりそうです。
プレッシャーを跳ね除けたどり着く先には感動のフィナーレが待っています。

 

SG連覇後夏場はまさかの苦戦も 照準はバッチリ 吉川元浩

3854

住之江勝率7.46 住之江2連対率49.5%
3月のクラシック、5月のオールスターと2連続SG制覇で上半期で早々とグランプリ出場を当確とした吉川元浩選手。
夏場にはボートレース甲子園からリズムを崩し、尼崎のお盆レースではまさかのフライング。チャレンジカップの出場も逃しました。
しかし、大舞台を目前にした12月に入るころに休みから復帰するとBBCトーナメントではいきなり優出。
直前の三国周年ではカドまくりから優勝とここに照準を合わせたかのような活躍です。
春先からのリズムを取り戻せているならば、準地元とも言える住之江であれば2度目の賞金王を獲得も見えてくるでしょう。

 

秋からリズムは急上昇 地元唯一の2nd組 石野貴之

4168

住之江勝率6.88 住之江2連対率51.4%
10月のボートレースダービー以降、記念以上のレースで5節中4優出。
先月のチャレンジカップ優勝でトライアル2ndからとなった石野貴之選手。
なんといっても調子がいい時はとてつもない勝負強さを発揮してくるうえに、レースの格が上がれば上がるほど燃えるタイプです。
今年は9月の当地、高松宮杯特別競走でも優勝しており、地元だけあってコンディションに合った調整も対応してくるでしょう。
今シリーズでは地元勢で最上位の賞金ランク3位。
地元を代表する形で出走とあって気持ちのこもったレースが見れると思います。

 

予選落ち知らず 艇界一舟券から切れない男 峰竜太

4320

住之江勝率7.43 住之江2連対率49.1%
昨年の賞金王覇者であり勝率1位はもはや当たり前になりつつある峰竜太選手。
今年1年では1節走り切ったシリーズでは1度も予選落ちがないという、驚異的な成績を残しています。
夏場のSGボートレースメモリアルの準優でフライングを切り、来年オールスターまでのSGの出走は出来なくなってしまったが気落ちすることなく10月の若松周年を制覇。
SG優勝こそなかったものの2nd組に入り込んだのはさすがの一言。
気になるのは出走感覚がやや空いてしまいレース勘がどれほどなのか。
また趣味のサーフィンでウニの類の針が脚に刺さってしまい、摘出手術をしたとの情報もあります。
舟券での人気は必須ですが、不安点があるためにどこまでやれるかという点も注目です。

 

最後のひと伸びで2ndもぎ取り2度目の頂へ 桐生順平

4444

住之江勝率7.31 住之江2連対率50.3%
今年は地元パーフェクトVから始まりG1を3勝で賞金ランク5位に入った桐生順平選手。
SGの優出は2回、桐生選手にしては着の取りこぼしもここ数年より多く感じた1年でありましたが、先月の福岡周年優勝とチャレンジカップ予選突破できっちりと6位以内に滑り込みました。
賞金王は当地で一昨年制しており、旋回半径を大きく取った差しや握っても流れないターンは水質の固い住之江でも魅力十分。
2度目の頂上に登りつめることができるか注目です。

 

SG準優Fから無双中 9連続優出の勢いをそのままに 白井英治

3897

住之江勝率7.33 住之江2連対率42.3%
今年は3月の大村周年を制覇。
5月のボートレースオールスターを優出2着と上半期は上々の滑り出しをしていた白井英治選手。
しかし6月のグランドチャンピオン準優で痛恨の勇み足。
8月からは一般戦とG3のみで戦うこととなってしまいました。
しかし気落ちすることなくそこからが凄かった。
9節全てで優出し4回優勝。
中でも下関の一般戦と戸田のG3はパーフェクトVと実力差があるにしてもA1選手も含まれる中で圧倒的な成績を残しています。
トライアル2ndからのスタートとはなりませんでしたが、1stの1走目も内枠からのスタート。
2ndに進むこととなれば中心となってもおかしくない一人です。