「競艇展望・平和島」G1開設65周年記念トーキョー・ベイ・カップ-事前レース展望や注目モーター紹介

ボートレース平和島:G1開設65周年記念トーキョー・ベイ・カップ(10/6~10/11)】

ボートレース平和島では10月6日より開設65周年記念 G1トーキョー・ベイ・カップが行われます!
気が付けば10月のこのシリーズから賞金ランク争いも残り2か月!
ラストスパートに繋げるためにも10月最初のG1から弾みをつけていきたいところです!

平和島といえばファンの方からもよく「難しくてわからない!」「逃げが決まってないのに配当が思ったほどつかない!」とよく嘆きの声も聞かれますが、反対にモーターや展開を深く掘り下げていけばこの上なく楽しめるレース場です。

「競艇展望・平和島」G1開設65周年記念トーキョー・ベイ・カップ-平和島競艇コース特性について

平和島競艇水面特性

今回はまずコースの特性を抑えてもらいたいと思います。
平和島は戸田と並んでインの弱さが際立ちます。

というのもスタートから1マークに向かってスタンド側に斜めに走るため、内枠勢はやや外に向かって走るため窮屈な旋回になります。

また平和島ではバック側での斜行(締め込み)に対する規制が厳しいため、差した艇が2マークまでに追いついてしまうために逃げが決まりにくくなります。

逆の作用として内側がスピードを落として回ってしまうと、センター勢が勢いよく回ったときには飲み込まれてしまうこともあります。

このようにインコースがすんなりと勝ちにくい条件があるために勝率も24場中かなり低い順位になっています。

 

「競艇展望・平和島」G1開設65周年記念トーキョー・ベイ・カップ-注目選手

「それでも競艇の基本はイン逃げです!」という声にお応えして、今回は過去3年の平和島での1コースからの成績を調べたうえで注目選手をいかに挙げました。

地元東京支部からはベテランから若手まで9人が出場予定ですが、中心はこの2人。

3590

まず平和島の大エースといえば濱野谷憲吾選手。
東都のエースという異名もありますが、とにかく平和島のインが段違いに強い。
イン戦25回で1着が22回。
率にすると88%と平和島とは思えないほどの1コースの成績です。
当地は過去3年9節5優出3優勝。平和島の周年は05年に優勝。
得意水面から年末に向けて勢いづけられるか注目です。

4266

濱野谷選手に続いての地元勢の選手では長田頼宗選手のイン戦21回中17回で81%。
当地は過去3年で10節6優出4優勝と濱野谷選手よりも安定しているかもしれません。
一昨年の平和島周年の覇者でもあり、ホームが多摩川でありながらも3年で90走と場数も踏んでいるため、舟券予想のカギを握るのではないでしょうか。

40954297

他にも回数こそ少ないものの、9戦7勝と安定している福来剛選手や、近3年の平和島の出走回数が最も多い山田哲也選手。
平和島4節連続優出1優勝としている今泉友吾選手と地元勢に魅力は盛りだくさんです!

準地元とも呼べる埼玉支部からは3名が登場。

4444

やはり注目は桐生順平選手…と言いたいところですが、平和島のインコースが近3年7戦2勝のみ。
それでも今年2月のG1関東地区選手権で準優・優勝戦と逃げているので、それほど気にしなくてもいいとは思いますがいつでも人気必至の選手なので嫌ってみるのも手かもしれません。

36794109

一方で、飯島昌弘選手・谷津幸宏選手はインコース1着率が8割越えと苦にしていません。
今回はこちらの2名の逃げがある意味で波乱となることもあるかもしれません。

3623

遠征勢ではまず深川真二選手。
3年前のダービーではイン戦なしではあったものの58号機を完璧に仕上げて見事SG初優勝を成し遂げた舞台。
今年2月にも優勝と当地は3節2優勝。
イン勝率も7割と信用できる成績となっています。

3780

壮絶なデッドヒートの末、惜しくも敗れた前述ダービー以来の平和島となる魚谷智之選手にも注目です。

4361

遠征勢で逃げから波乱を呼びそうなのが柳生泰二選手。
過去3年5節40走しながらインはわずか6回のみ。
それでも5回1着とこちらも信頼できそうな成績となっています。

 

【PR】稼げなければ意味がない!「当たる」「儲かる」を確実に実感!

【JACKPOT(ジャックポット)】は競艇で「勝つ」「稼ぐ」ことに特化した正真正銘の競艇予想サイト。

元競艇選手の『当事者の目線』
専門誌記者の『第三者の目線』
地元予想師の『地域密着の目線』
分析アナリストの『数学的目線』

これらJACKPOTが誇る鉄壁の布陣が最も効率良く稼げる予想をいち早く届けてくれます!

ジャックポット的中実績

膨大な第1期募集会員の喜びの声の数々…その中からほんの一部をピックアップ↓

予想サイトなんて…と思ってたけど気付けばドはまり中!他にもいろいろ見てきたけどやっぱり当たると楽しい!お金が増えるって嬉しい!すぐに稼げるようになったわけじゃないけど、投資ってこーゆー事かって感じた。訳もわからないところに金を使うなら、自分はJACKPOTで稼がせてもらいます!まだまだ稼ぎたいので宜しくです!

お陰様でがっつり稼がせてもらいました。
ジャックポットさんのよいところは、たとえ予想が外れても、その後きっちりと取り戻してくれるところです。
また担当さんの応対にも大変満足しています。
これからも引き続きよろしくお願いします。

過去に100万円の帯封って自分の手に持ったことなかったんだけど、ついに今月手にすることが出来たのはジャックポットのおかげ^^今までは1レースだけのやつで参加してたんだけど効率良く勝つにはコロガシですって言われてゴールドやってみたら2レース完璧な結果で120万以上の払い戻し!次の日速攻で100万円おろして帯封見てにやけました。こうなったらどんどん帯封増やしていくぞー!

第2期新規会員登録受付中で今なら、もれなく10,000円分のポイントプレゼント!
特典の締切もありますから、早めに登録するのが吉!
JACKPOT無料会員登録はこちら

 

「競艇展望・平和島」G1開設65周年記念トーキョー・ベイ・カップ-注目モーター

注目モーター

最後に注目モーターです。
現在のモーターは6月中旬から使用を開始。
今のところ複数回優勝したモーターはありません。
その中でも際立っているのが13号機。
8月に黒崎竜也選手の乗った際は初日を除きオール2連対。
優勝戦では1周1マークで差されたものの、そこから怒涛の追い上げで見事優勝、直後の節でも蜂須瑞生選手が軽快な足を披露していました。3連対率も7割超えとハイアベレージです。

13号機に次ぐ2連対率なのが57号機。
初おろしから2節連続で優出、2節目で篠崎元志選手が優勝。
ここまで6節中、A級が2人でこの成績かつ1枠では3着をはずしていません。
勝ちタイムもダントツのトップの1.47.5を出しています。

ここまで唯一優出が3回なのが53号機。
8月中旬からは3節続けて優出と近走安定した成績をおさめています。
2連対率や勝率はそれほどではないが35号機も高素性の可能性を秘めています。

展示タイムの平均順位が1.7位と展示から出せるモーター。
お盆開催では若手の三浦敬太選手が強豪を破っての地元初優勝としました。

データ上では現在大差がついていないため、当日の気配には要注意かもしれません。
また来年3月のボートレースクラシックでも現在のモーターが使用されるため、注目しておきましょう!

 

【PR】競艇はギャンブルじゃない!堅実な投資だ!

24BOAT

投資型競艇予想サイト『24BOAT』
24BOATの特徴はなんと言っても独自に研究を重ね膨大なデータ分析と独自アルゴリズムで編み出した長期安定型必勝法

自動解析ツール
『アタリブネ』

過去数十年のレース結果を解析し、勝率80%以上、払戻金数十万~数百万を叩き出したシステムを駆使し、月間150万以上の利益をもたらしているそうです。

直近の的中速報

初回限定コース
『エントリーAクラス』
尼崎8R
戸田10R
192,850円獲得!

スタンダードコース
『黄ミドル』
三国11R
尼崎11R
183,750円獲得!

『青ミドル』
桐生5R
若松7R
77,490円獲得!

『エキスパート』
常滑7R
常滑8R
499,100円獲得!

↑これでもほんの一部…凄すぎます。

『安心』『確実』『継続』
これらが揃って初めて競艇はギャンブルではなく投資として成り立つと24BOATは豪語していますし、自信を裏付ける的中実績を見ればアタリブネの凄さが分かるのではないでしょうか?
圧巻の的中率と収益性を体感してみませんか?

⇒今なら10,000円分PTプレゼント!無料会員登録はこちら!

 

「競艇展望・平和島」G1開設65周年記念トーキョー・ベイ・カップ-レース展望まとめ

グランプリ出場権争いも残り2か月!
平和島トリプルビッグレース第1弾である65周年記念は非常に豪華メンバーが大集結!
そして今節のドリーム戦はダブルドリーム!
地元の濱野谷選手や松井繁選手、今垣光太郎選手、平本真之選手や茅原悠紀選手らドリーム組が優勝戦線を引っ張っていくに違いありません!

10/6の開催が非常に楽しみですね!
以上、平和島・G1開設65周年記念トーキョー・ベイ・カップレース展望でした!