「競艇展望・江戸川」G1江戸川大賞 開設64周年記念-事前レース展望や注目モーター紹介

ボートレース江戸川:G1江戸川大賞 開設64周年記念(9/24~9/29)】

ボートレース江戸川では24日より64周年記念・G1江戸川大賞が開催されます!

1月に続いて年度が変わり、今年2回目の周年である江戸川大賞。
全国で唯一の河川を使った特殊水面を攻略し、年末の大一番へ向けて賞金を加算するのは誰か注目が集まります。
江戸川の水面は他場とは比にならないほどの波立つ水面であり、24場で最も巧拙が問われるといっても過言ではありません。
その中で注目選手を挙げていきます。

「競艇展望・江戸川」G1江戸川大賞 開設64周年記念-注目選手

地元勢は9人が登場。
まず江戸川といえばこの人、石渡鉄兵選手。

3716

「江戸川鉄兵」との異名を持つほどの江戸川巧者であり、過去3年で11節走りながら1着率は約4割、3着内率は8割を超えるというハイアベレージを叩きだしています。
波風に苦戦する選手が多い中で、一人だけ静水面を航走しているかのようなレースが出来るのもこの人の魅力。
また1月の63周年は、昨年のケガによってA2級に降格していたため出走することが出来ませんでした。
今節はいつも以上に気合が入っていること間違いないでしょう。

続いて、その石渡選手不在の63周年で抜群のモーターで準優・優勝戦と逃げ切って記念初優勝をあげた若林将選手。

4335

過去3年では当地で100走以上の出走回数があり経験値は十二分にあります。
江戸川の大将が戻ってきただけに、一段と気持ちを入れて連覇に向かっていきたいところ。

 

63周年記念優勝戦では気合のタッチスタートで若林選手を脅かしたのが福来剛選手。

4095

2016年にF3となり半年の休みとB2落ちを味わった。
そこから“強い福来”となって帰ってきています!
過去3年で当地3着内率は約7割と若林選手以上の安定感を誇っています。

 

中野次郎選手三角哲男選手らベテラン・中堅勢に安定感を求める一方で、地元勢のダークホース的存在なら渡邉雄朗選手を推したい。

4748

出場予定選手のなかで過去3年にダントツの当地154走。
チルトを上げて伸び仕様にすることも多く、機力さえあればSGレーサーを一飲みというシーンまでも考えられます。

 

遠征勢からはF2であるものの山田康二選手の若きテクニックにも期待したいですね。

4500

当地過去3年勝率は8.73とただ一人8点台後半。
まくられ差しも効く江戸川なら上位に食い込んで大穴提供も。

 

穴的存在では妹尾忠幸選手土屋智則選手にも注意が必要か。

40894362

妹尾選手は過去3年4節で3優出2優勝。
さらに平均ST.は石渡と同じく.12で安定している。
土屋選手はここ2年の成績は伸び悩むも、17年では当地2節連続優勝。
全18走オール3連対とほぼ完璧な成績で、勘さえ戻れば大暴れがあるかもしれませんね。

 

今年のSGグランドチャンピオンをダントツのトップスタートで制した柳沢一選手は当地過去3年で6節1優出のみ。

4074

水面相性からすると少し不安は残ります。

その他に前述の63周年で優出した海野康志郎選手片岡雅裕選手、今年5月のモーターボート大賞優出の須藤博倫選手白石健選手と今年の江戸川で成績を残したメンバーも集結。
令和最初の江戸川キングは果たして誰になるか楽しみです。

 

【PR】稼げなければ意味がない!「当たる」「儲かる」を確実に実感!

【JACKPOT(ジャックポット)】は競艇で「勝つ」「稼ぐ」ことに特化した正真正銘の競艇予想サイト。

元競艇選手の『当事者の目線』
専門誌記者の『第三者の目線』
地元予想師の『地域密着の目線』
分析アナリストの『数学的目線』

これらJACKPOTが誇る鉄壁の布陣が最も効率良く稼げる予想をいち早く届けてくれます!

ジャックポット的中実績

膨大な第1期募集会員の喜びの声の数々…その中からほんの一部をピックアップ↓

予想サイトなんて…と思ってたけど気付けばドはまり中!他にもいろいろ見てきたけどやっぱり当たると楽しい!お金が増えるって嬉しい!すぐに稼げるようになったわけじゃないけど、投資ってこーゆー事かって感じた。訳もわからないところに金を使うなら、自分はJACKPOTで稼がせてもらいます!まだまだ稼ぎたいので宜しくです!

お陰様でがっつり稼がせてもらいました。
ジャックポットさんのよいところは、たとえ予想が外れても、その後きっちりと取り戻してくれるところです。
また担当さんの応対にも大変満足しています。
これからも引き続きよろしくお願いします。

過去に100万円の帯封って自分の手に持ったことなかったんだけど、ついに今月手にすることが出来たのはジャックポットのおかげ^^今までは1レースだけのやつで参加してたんだけど効率良く勝つにはコロガシですって言われてゴールドやってみたら2レース完璧な結果で120万以上の払い戻し!次の日速攻で100万円おろして帯封見てにやけました。こうなったらどんどん帯封増やしていくぞー!

第2期新規会員登録受付中で今なら、もれなく10,000円分のポイントプレゼント!
特典の締切もありますから、早めに登録するのが吉!
JACKPOT無料会員登録はこちら

「競艇展望・江戸川」G1江戸川大賞 開設64周年記念-注目モーター

注目モーター
今節使用のモーターは4月中旬から使われているが、飛びぬけて好成績を残すモーターはいない。
その中でもキラリと光る成績のものを挙げていきます。

まずは38号機。
ここまでA1級が一人も乗っていないにも関わらず、優勝2回、3連対率7割とポテンシャルの高さを発揮しています。
勝率も6.63と他の機歴より一枚上で、現状ではこれがエース機と呼べるでしょう。

38号機に次ぐ1着率を誇るのが46号機で、この2機のみが1着率3割超え。ここまで優出なしというのが少し不思議ですが、6枠からでも勝ちがあるようにパワーは秘められています。

58号機は5月のモーターボートの優勝機。
池永太選手が抜群の足に仕上げていた。
2節前のG3戦では初日に2勝を挙げ、Fを経た後も5枠から2勝となかなかの好気配でした。

前節ルーキー戦で2連対率以上の動きをしていたのが56号機。
座り込んでしまうような波からも力強く出てこられるのは素性がいいのではと考える。
上位の勝率をあげている14号機62号機にも注目していきましょう。

 

「競艇展望・江戸川」G1江戸川大賞 開設64周年記念-上げ潮と下げ潮について

1マーク側が上流、2マーク側が下流であり、上げ潮は満ちているのだから2マークから1マークに向かってのホーム追い潮。

下げ潮はその逆でありホーム向かい潮。
風の向きと潮の向きが一致したときにはその影響が強くなるために、追い風追い潮では1マーク(向かい風向かい潮のときは2マーク)の展示での気配に注目して下さい。
逆に風と潮がぶつかったときには波が高くなります。
その際には江戸川を得意とする選手が有利になることも多いです。

ここだけの裏話
2018年9月4日
江戸川6Rでゴールまであと30mというところで二番手航走の選手が波風の影響で転覆するという珍しいシーンがありました。
道中でも順位の入れ替わりも多いのでゴールまで応援していれば何かが起こるかもしれません!
どこの場でも同じですが、舟券は確定まで大切に持っているよう再度認識を高める必要があります。

9/24の開催が非常に楽しみですね!
以上、江戸川・64周年記念・G1江戸川大賞レース展望でした。