【ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)】基本情報

所在地 〒431-0398
静岡県湖西市新居町中之郷3727-7
電話番号 053-594-7111
交通・アクセス ・JR東海道本線新居町駅北口前
・東名浜松西インターより30分
・東名三ヶ日インターより30分
公式サイト http://www.boatrace-hamanako.jp/
天気情報 https://tenki.jp/leisure/horse/5/25/32953/1hour.html

 

【ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)】特徴

東日本で最初に開設されたレース場。汽水湖の浜名湖の西端に位置しています。
新幹線の車窓から見えるボートレース場としても有名です。
周年記念 (G1) の名称は「浜名湖賞」で、企業杯 (GⅢ) は、「河合楽器スポーツ杯」と「SUZUKIスピードカップ」が隔年で行なわれています。
新鋭リーグ戦の名称は若鮎杯。女子リーグ戦の名称はフラワーカップ。
正月には静岡放送・静岡新聞社New Year’s Cup、ゴールデンウィークには浜松市長杯争奪やらまいかカップ(2008年までは中日新聞東海本社杯)、お盆には黒潮杯が行なわれている。

 

【ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)】レースの特徴

冬場は追い風で、イン有利です。
5mまでの追い風なら1コース有利な展開になりますが、5mを超えると水面が荒れてきます。
1コースが1マークで流れるので差しが有効になってきます。

夏場は海が近いので湿気を含んだ向かい風で、アウトが有利です。
捲りよりも捲り差しに入る展開が多くなるので、4コースが捲って5コースが差し続くといった「スジ舟券」は成立しません。
ボックス買い向きの水面と言えるでしょう。

 

【ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)】水面特性

水質は汽水(淡水と海水が混じった水面)。もしくは海水。
選手からはよく「乗りやすい水面」と声があがります。
スタンドから対岸の幅員は約170mあり、全国のレース場でも5本の指に入る広大さを誇っています。
ボートレース浜名湖の1コースの1着率は47.2%(H28のデータ)。
広大な水面を活かして3コースからの豪快な攻撃が決まっています。5コースからの全速戦も発揮しやすいようです。しかし、コースが広い分、6コースは遠いコースとなっていて、全国平均を下回っています。

 

【ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)】主な地元有力選手

  • 服部幸男(SG最年少優勝記録保持者)
  • 徳増秀樹(2006年最多勝選手)
  • 今坂勝広(日本最速レコード保持者)
  • 菊地孝平(2005年モーターボート記念競走優勝、史上12人目のSG連覇を成し遂げた)
  • 坪井康晴(2005年東海地区選手権優勝、2006年グランドチャンピオン決定戦競走優勝)
  • 横澤剛治(上記2名と併せて同期生82期遠州3羽ガラスと呼ばれている)
  • 笠原亮(2005年総理大臣杯競走優勝、史上4人目のSG初出場初優勝を成し遂げた)
  • 佐々木康幸(2011年オーシャンカップ競走優勝)
  • 重野哲之(2011年東日本復興支援競走(第46回総理大臣杯競走の代替開催)優勝)
  • 三浦永理(2012年賞金女王決定戦競走優勝)
  • 深谷知博(2014年GI浜名湖賞開設61周年記念優勝)

 

【ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)】おすすめグルメ情報

1階・売店

  • 串カツ
  • エビフライ
  • いか五平

2階

PIT-IN(ピットイン)

  • 牛丼
  • ピットインカツカレー

フラワーレストラン

  • 日替わりランチ